いしはら整骨院
①まずは痛みをとるための身体のケア ②負担のかからない投球フォームの修正 ③痛まないための傷害予防のトレーニング の3つで行っていきます。これを行うことでその場しのぎのケアだけでなく、再発をしない治療になるよう心がけています。 実際、何年も前から投球障害で悩んでいた社会人軟式野球の方も何人も全力で投げることができ、 その後再発もしなくなりました。 長年投球障害で悩んでいる方は是非一度ご相談ください。全力投球ができるよう私も全力でサポートさせて頂きます。
​口コミを投稿する
​口コミ一覧
​ニックネーム
​口コミ内容

​口コミはまだありません

​あなたにぴったりな野球教室が見つかる|野球教室なび|B.F.S.グループinfo@bfs-kyoto.com